どう違うかなんて聞けない!結婚指輪と婚約指輪

古代ローマから!伝統あるプロポーズのかたち

結婚を申し込むプロポーズと一緒に送られる指輪が「婚約指輪」。今や婚約指輪は主流ですが、日本古来の風習ではなく、もともとは外国の風習です。紀元はなんと古代ローマ時代にまでさかのぼるほど世界の伝統的な風習なのです。男性の、女性への変わらない愛と保護を約束し、女性から魔を防ぐために婚約指輪が贈られてきました。今やプロポーズと言えば、婚約指輪が入った指輪ケースを「パカッ」と開くシーンが連想されるのではないでしょうか。

婚約指輪と結婚指輪、どう違うの?

男性にとっては「指輪」は同じ。「婚約指輪」と「結婚指輪」ってどう違うの?ふたつ用意するの?と疑問に思っている方も少なくないのではないでしょうか。婚約指輪はプロポーズの記念品として贈る指輪。一方結婚指輪は、式当日に交換して付けあうペアリングのことです。結婚指輪は、式当日のふたりの永遠の誓いの証としての指輪です。そのため、結婚式当日は新婦は婚約指輪を外して、結婚指輪に付け替えます。付け替えるのだったら婚約指輪はいらないんじゃ…と疑問に思う男性も多いかもしれませんね。

結婚式のあと、婚約指輪はどうなるの?

せっかくの婚約指輪、結婚指輪に付け替えたあとは放っておかれるんじゃ…。なんて心配しなくても大丈夫。結婚指輪と婚約指輪を重ね付けして楽しむ女性が多いです。そのため、重ね付けしやすいよう、婚約指輪と結婚指輪がセットになっているプランも増えてきました。家事をするときは婚約指輪の飾りを傷つけないよう外す女性が多いですが、お出かけのときなどは重ね付けして華やかに楽しむこともできます。しかし、やはりつける頻度は結婚式後は減ってしまうので、女性に婚約指輪は必要か事前にさりげなくリサーチしてもいいですね。女性によっては、婚約指輪はなくてもOK。つける頻度が減るので安いものがいい!という方も結構いらっしゃいますよ。

婚約指輪は、夫婦で購入するスタイルが人気です。デザインや指のサイズや費用面などもらった満足度を上げるためです。